15-03-10-006

伝統芸能・歌舞伎の面白さを小学生に伝えようと10日、現役の歌舞伎役者によるワークショップが開かれました。

先生として登場したのは人気役者のあの方です。子どもたちも「緊張します本物に会えるから」「お母さんにインチキ―って言われた」と興奮気味。

講師をつとめたのは、何と歌舞伎界のプリンス市川海老蔵さん。ワークショップでは本物の立ち回りが披露され、その迫力に子ども達も釘付け。そして、お化粧体験ではなんと海老蔵さん自ら筆を持ち、子ども達にメイクを施していました。

海老蔵さんは「(歌舞伎は)メイクアップや衣装、踊りと、派手なので最初は分からなくても知っておいて損はない文化の一つだと思います」と説明していました

メイクをしてもらった小学生は「いつもの自分よりカッコいい」と嬉しそうに話していました。沖縄ではなかなか見ることのできない歌舞伎の魅力に子どもたちも目を輝かせていました。