沖縄振興予算は3340億円に減額

政府は14日、2015年度の予算を閣議決定しました。この内、沖縄振興予算は3340億円で2014年度より160億円余り減額となっています。

政府が閣議決定した2015年度の沖縄振興予算は総額3340億円で、2014年度に比べて161億円、概算要求からは454億円減額されました。

使い切れなかった額が多いと判定された一括交付金が主な減額対象で、ソフト・ハード合わせて141億円が減額されました。

一方で、那覇空港の第2滑走路増設費用は過去の大臣合意に従い、2014年度と同じ330億円が確保されました。

政府は沖縄振興と基地問題はリンクしないと強調していますが、仲井眞県政時代には概算要求以上の予算を確保した経緯もあり、辺野古移設に反対する翁長県政に揺さぶりをかける姿勢が垣間見える予算編成といえそうです。