6日は寒の入り、二十四節気の「小寒」ですが沖縄地方は3月から4月並みの暖かさとなっています。

6日の沖縄地方は前線の影響で南風が吹く暖かい朝となりました。寒さが厳しくなることを告げる「小寒」ですが6日朝の最低気温は那覇で15.5度と3月上旬並み、また久米島町では20.4度と5月上旬並みの気温を観測し、殆どの地域で平年を2度から5度ほど上回る暖かさとなりました。

沖縄気象台によりますとこの前線の通過により午後からは雨もよう、夕方からは一気に気温が下がる見込みで沖縄地方は7日から8日にかけて平年並みの寒さに戻るということです。