サンタクロースの衣装を着て楽しく歩くことで病気のこどもたちにクリスマスプレゼントを贈ろうというチャリティイベントが6日、北谷町で開かれました。

このイベントは参加費の一部でクリスマスを病院で過ごすこどもたちにプレゼントを贈ろうと企画されたものです。

会場の北谷公園陸上競技場には真っ赤な衣装を着たおよそ1100人のサンタクロースが集まりました。参加者は、手作りのクリスマスカードにメッセージを書いたり、ダンスを踊って一足早いクリスマス気分を楽しんでいました。

その後、サンタの集団は海岸沿いのコースをのんびり歩きながら笑顔と思いやりの気持ちを振りまいていました。

参加費の一部と寄せられた募金は、絵本やおもちゃを購入する資金として使われ、今月23日と24日の2日間、県立南部医療センターや中部療育医療センターなどで入院中のこどもたちにプレゼントされます。