那覇マラソンの会場となった奥武山運動公園で8日、ボランティアによる清掃活動が行われました。

清掃活動は、高齢者に地域の担い手として活躍してもらおうと行われたもので、かりゆし長寿大学校の同窓生ら、およそ300人が参加しました。

参加者は、7日のナハマラソンの会場となった奥武山公園周辺で、空き缶や落ち葉などを拾い集めました。参加したお年寄りは「みんなの集まるところですので、少しでもきれいになったらいい」「ナハマラソンは県民的・全国的なイベントになっているので、快く終われるよう協力していきたい」と話していました。

かりゆし長寿大学校同窓会では清掃活動が、お年寄りの交流の場にもなっているとして今後も継続したいと話しています。