11月の那覇市長選に向け那覇市の城間幹子副市長が、26日出馬を表明しました。

城間幹子副市長は「私たちの子や孫、これから生まれてくる子どもたちが愛着の持てる風格ある県都・那覇市のまちづくりに、市民の皆様と共に、心をひとつにして歩んでまいりたいと固く決意しているところであります」と話しています。

会見には、翁長那覇市長や那覇市議会の新風会、野党議員らが出席。城間副市長は、「建白書」の精神を支持する考えを強調したうえで、「ひと・つなぐ・まち」をキャッチフレーズに、14年間続く翁長市政の継承と発展を訴えました。

また、辺野古への基地建設については、反対する姿勢を示し、知事選に出馬する翁長市長と一体となって選挙戦に臨む考えを示しました。城間副市長は元教員で那覇市の教育長などを歴任しています。