26日の県議会代表質問で、仲井眞知事は、政府が進める辺野古への基地建設について、「現実的な解決策」との認識を示しました

仲井眞知事は「現行計画は具体的に動き出しており、現時点では具体的かつ現実的な解決策と考えている」と話します。

仲井眞知事は、26日の県議会代表質問で県民ネットの山内末子県議の質問に答えたもので改めて辺野古への基地建設を容認する姿勢を示しました。そして、県知事選挙の公約に「普天間基地問題を先送りすることなく断固たる決意も持って解決に取り組む」といった文言を盛り込む考えを述べました。

また、名護市長選挙や、名護市議会議員選挙で、辺野古反対の民意が示されたことでアメリカ政府と再協議するべきという指摘に対しては、「1日も早い危険性の除去を実現するためには、現実的ではない」と再協議に否定的な考えを示しました。