9月は障害者雇用月間です。川上副知事や谷沖縄労働局長らは3日、障害者の雇用拡大を求め県内経済団体に要請を行いました。

要請で川上副知事は、県内企業の障害者雇用数が2013年6月に3000人を超えて過去最高となり、法定雇用率も5年連続で達成している一方、47パーセントの企業は雇用義務を達成していないと指摘。障害者の雇用拡大を訴えました。

沖縄ろう学校の當間龍次さんは「就職し自立するために毎日勉強しています」と述べ企業の実習受け入れや採用拡大を求めました。

経済団体からは、「障害者をひとくくりにせず障害を持つそれぞれの人に合った雇用を考えたい。新規採用だけでなく現在の雇用を保つ努力も必要」などの意見が出ていました。