台風8号で、宮古島市に初めて特別警報が出される中下地敏彦市長が、庁舎内で飲酒をしていた問題で7月24日、市長の3か月間の給与50%減額が宮古島市議会で可決されました。

臨時議会では、市長の責任を問う議員らの質問のあと、市長の給与を3か月間30%減額する議案の質疑と採決が行われましたが、与党らが給与を50%カットにする議案の修正動議を提出。採決の結果、修正動議の3か月間50%の市長の減給が可決されました。

また、議会では、市長への辞職勧告などの動議も出されましたが、こちらは採決の結果、否決されています。