猛威を振るった台風8号から一夜明け、わかっているだけでも30人を超えるけが人がでるなどの被害が出ています。

台風8号から一夜明けましたが、県内では台風による多くのけが人が出ました。浦添市では30代の男性がドアで左手をはさみ薬指を切断。また、沖縄市でも73歳の男性が左手の中指を切断するなど、わかっているだけでも県内各地で30人以上の重軽傷者が出ています。

また、県のまとめでは倒壊や半壊、一部損壊の被害が6件あったほか、読谷村では観測史上1位を記録する386.5ミリの1日の降水量を記録しました。