宮古島地方に暴風・波浪特別警報が発表されました。今後、本島地方でも特別警報が出る可能性もあり、沖縄気象台では最大級の警戒を呼び掛けています。

非常に強い台風8号は7日午後3時には沖縄の南の海上にあって1時間に25キロの速さで北西に進んでいます。

中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルとなっています。

気象台では7日午前緊急の会見を開き、甚大な被害の恐れがあるとして「特別警報」を出すことの可能性を示しました。

今後、台風は910ヘクトパスカルまで気圧を下げ最大風速は55メートル最大瞬間風速は75メートルとなる見込みです。

沖縄全域の海域では7日朝から波浪警報が出ていてすでに大しけになっています。

8日朝にかけてさらに波は強まり本島地方では14メートルの波も予想されています。

猛烈な台風になる可能性もあることから本島地方では急いで台風対策をする人々の姿が見られました。

また、収穫を控えている豊見城市のマンゴー畑ではハウスの補強をする農家などあちらこちらで台風対策に追われていました。

一方、那覇空港ではひと足早く帰ろうという観光客で混雑しています。

熊本の女性は「熊本に戻ります今の所乗れると思うんですけどちょっと不安です」と話し、神戸の女性は「まだね変更できてないんですキャンセル待ちの列に並んでるところでして本当は午後7時25分の便ですけど」と話していました。

宮古島地方には8日の昼前。本島地方には8日の昼過ぎから夕方にかけて最も近づくとみられています。