県立高校の合格発表が13日一斉に行われ、県内各地で、喜びにわく合格者や家族の姿が見られました。

午前9時、豊見城南高校では、合格者の受験番号が張り出されると、大きな歓声が上がりました。合格した生徒が「合格できてよかったです」と涙ながらに話すと親戚も「感謝感謝です。ね?ばんざーい(泣)」ともらい泣き。

別の生徒は「これから部活も選んでがんばっていきたいと思います」と笑顔で話しました。付き添ってきたお母さんは「きのうは落ちた夢もみたんですよ。も〜」「きょうは帰ってからご褒美がいっぱいあると思います(笑)」と話しました。

こうした喜びの光景に加え、豊見城南高校では、さっそく、各部による新入生争奪戦も繰り広げられていました。県内では13日、1万3800人あまりが合格の喜びをかみしめました。2次募集の出願は、あすからです。