9 / 23« 先頭...8910...20...最後 »

2018年4月20日

北中城でタンクローリー燃える

20日午前、北中城村の県道で、タンクローリー1台が燃える火事があり、現場は一時騒然としました。 岸本早剛記者は現場から、「火が消し止められておよそ30分が経ちましたが、トラックからは白い煙が出ています」とリポートしました。 警察などによりま...続きを見る

ジュゴン保護で県と協議を 米政府に要請

沖縄のジュゴンを守るため辺野古の海を保護すべきとして県は19日、アメリカ国防総省に協議を求める文書を送りました。 文書では、生息が確認されているジュゴン3頭のうち3年近く目撃されていない個体がいるといった懸念すべき報告があるにも関わらず、...続きを見る

2018年4月19日

演出家 栗山民也さんの思いとは

東京などで数々の舞台を手掛けてきた有名演出家がきのう沖縄を訪れ、演劇教室を開催しました。沖縄の演劇人たちは、いったい何を掴んだのでしょうか。 おととし、東京で公演された「木の上の軍隊」。終戦を知らずに2年間ガジュマルの木の上で過ごした2人の兵...続きを見る

解説 「名義貸し」被害の構図

大学生など20代の若者を中心にたくさんの被害が出た「名義貸し」のニュースです。ここからは、石橋記者にも加わってもらいます。まずは、名義貸しの被害の構図をおさらいします。 石橋記者「名義貸しというのは首謀者が『借金の返済を肩代わ...続きを見る

はしかの感染拡大続く 医療従事者も初確認

はしかの感染拡大が続いています。18日、新たに2人の感染が確認されるとともに、医療従事者への感染も初めて確認されました。 県保健医療部によりますと18日に新たに感染が確認されたのは2人で、感染者の数はあわせて65人となりました。このうち1人は、今...続きを見る

「子どもたちを守りたい」シンポ開催へ

「どうやって子どもたちを守るのか」2017年12月、宜野湾市の保育園や小学校に相次いでアメリカ軍ヘリの部品が落下した事故を受け、シンポジウムが開催されます。 保護者の女性は「なんら変わらない現状、現実に、もうそろそろ宜野湾市民の人も、もっとしっか...続きを見る

沖縄市長選挙 3日攻防で支持訴え

沖縄市長選挙は19日から3日攻防に入りました。両候補とも選挙カーで市内を回り、支持を訴えています。 沖縄市長選挙に立候補しているのは、社民、社大、共産、自由、民進、希望が推薦する前の市議会議員で新人の諸見里宏美さんと、自民、公明、維新が推薦する現...続きを見る

与野党 県知事選候補者選考を加速

沖縄市長選を前哨戦と位置付ける秋の県知事選挙。県政与野党の候補者選びの動きが活発になっています。 翁長知事は「私に与えられた知事としての責任を全うしたいと考えております」と述べました。 10日に会見を開き、膵臓腫瘍の手術のため4月中の入院を...続きを見る

名義貸し事件で被害者を対象に説明会

大学生など20代を中心に多額の借金を背負わされる被害が多発したいわゆる「名義貸し」を巡って4月18日、被害者への説明会が開かれました。 18日は、被害者ら約60人が集まる中、「名義貸し」を企てたとされる男性が直接、謝罪したうえで現...続きを見る

川平景観地区の変更について陳情

石垣市が都市計画の景観地区を変更したことで美しい川平湾の景観が壊されるとして4月18日、川平公民館の館長らが、知事や県議会に陳情しました。 石垣市では、「入域観光客の受け入れ態勢のさらなる充実のため」という理由で、景観地区の変更原案に関す...続きを見る


9 / 23« 先頭...8910...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.