10 / 24« 先頭...91011...20...最後 »

2018年1月21日

真剣勝負!子どもたちがそろばん競う

小さな選手たちが真剣勝負。毎年恒例の「ちびっ子そろばん大会」が、21日に宜野湾市で開かれました。 30回目を迎えた大会には、4歳から6歳の子どもたち331人が参加。足し算や引き算、見取り暗算の問題が出され、会場には選手たちのそろばんを弾く音が響き渡り...続きを見る

2018年1月20日

ミス沖縄が「花のカーニバル」をPR

沖縄の冬を鮮やかに彩る花のカーニバルが20日から始まっています。18日にミス沖縄がQABを訪れ、イベントをPRしました。 2018年35回目を迎える沖縄花のカーニバル。冬の沖縄観光を盛り上げようと、県内48の会場で「花いっぱいの冬」を感じさせる様...続きを見る

国際通りを封鎖して不発弾処理が終了

20日、那覇市で国際通りの一部を封鎖して不発弾の処理が行われました。 処理されたのは沖縄戦当時のものとされるアメリカ製50キロ爆弾1発で、2カ月前に国際通りの工事現場でみつかりました。 現場から半径166メートルの範囲で、周辺住民およそ10...続きを見る

「再発防止を」軍転協 米軍に要請

アメリカ軍基地を抱える市町村と県でつくる軍転協のメンバーは19日にアメリカ軍などを訪ね、全航空機の点検などを行うよう求めました。 軍転協のメンバーは在日アメリカ軍に対し、相次ぐアメリカ軍機による事故などを受け、全機の総点検やその間の飛行中止など7...続きを見る

約150万円分の電子マネー利用券 詐欺事件

「未納金がある」とうそのメールで、40代の女性がおよそ150万円をだまし取るられる詐欺事件が起きました。 警察によりますと、1月10日、うるま市に住む40代の女性の携帯電話に「有料登録に対する未納金がある」などと書かれたメールが届きました。女性が...続きを見る

2018年1月19日

上空飛行を否定 保護者「どうしようもない」

「最大限」飛ばないとしていた普天間第二小学校の上空でアメリカ軍ヘリの飛行が確認された問題が、思わぬ展開です。複数のカメラが上空の飛行をとらえていますが、アメリカ軍は飛行を否定しました。 保護者も言葉を失っています。12月の窓の落下事故以降初めて、...続きを見る

相次ぐ米軍機事故に抗議決議

19日、県議会では臨時会が開かれ相次ぐアメリカ軍機の事故について抗議決議が全会一致で可決されました。 米軍基地関係特別委員会仲宗根悟委員長「これ以上県民を基地あるがゆえの恐怖にさらすことがあってはならず米軍及び日米両政府においては事態が一向に改善...続きを見る

17年観光客は939万人 外国人は254万人

2017年県内を訪れた観光客は939万人で初めて900万人を突破し、5年連続で過去最高を更新しました。県によりますと2017年県内を訪れた観光客は939万6200人で、前の年よりおよそ9%増加しました。 内訳では国内からの観光客は685万人で、前...続きを見る

日本一早い桜を全国へ JALグループ発送式

日本一早い春を全国へ。沖縄の桜が19日、全国の空港へ届けられました。 空港アナウンス「ただいま25番搭乗口にて日本一早い桜の花を展示しております。どうぞこの機会にご覧ください」 JAL・JTAグループでは日本一早い春の便りを届け冬場の沖縄観光を...続きを見る

今夜は宮古島ナイトでいかが?

宮古島のアンテナショップが国際通りに誕生して1年になるのを前に19日から3日間様々なイベントが開かれています。島の駅みやこは2017年3月国際通りにオープン。 19日から2日間はぷからすマーケットとして普段宮古島でしか手に入らない特産品の数々...続きを見る


10 / 24« 先頭...91011...20...最後 »

qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.