普天間第二小学校上空を米軍ヘリが飛行

飛行禁止の要請は完全に無視されました。

18日午後、アメリカ軍のヘリ3機が12月に窓を落下させる事故を起こした普天間第二小学校の上空を飛行したのが確認されました。

防衛省などによりますと、18日午後1時25分ごろ、アメリカ軍のAH1Z2機とUH1Y1機の合わせて3機が、普天間第二小学校の上空を飛行したということです。

小野寺防衛大臣は「(きょうは)子どもたちが避難訓練を行っていた。その矢先の午後一番にその上空を3機の編隊で飛ぶということは、これはどういうことを沖縄の人を含めて、日本国民に印象を与えるのかということを強く話した」と述べました。

小野寺防衛大臣は、直ちに在日アメリカ軍のシュローティ副司令官に抗議したということです。