日本一早い桜を全国へ JALグループ発送式

日本一早い春を全国へ。沖縄の桜が19日、全国の空港へ届けられました。

空港アナウンス「ただいま25番搭乗口にて日本一早い桜の花を展示しております。どうぞこの機会にご覧ください」

JAL・JTAグループでは日本一早い春の便りを届け冬場の沖縄観光をアピールしようと20年以上にわたって沖縄の桜を全国の空港に発送しています。

桜は本部町、名護市、今帰仁村から寄贈されたもので、セレモニーではそれぞれの代表者からヒカンザクラの切り花が贈呈されました。

日本航空の渡部沖縄支店長は、「各地の空港がワクワクして待っている。ひとつひとつ大切に届けたい」とあいさつしました。濃いピンク色の桜に通りがかった人たちも…

大阪から来た観光客「ちょっと(大阪の桜とは)違う。こっちの方がかわいらしいなと思います」「(見ると)すごく幸せな気持ちになりますね」

桜は19日、北は北海道の女満別から南は福岡まで、全国22の空港に送られラウンジやカウンターなどで訪れる人を迎えます。