相次ぐ米軍機事故に抗議決議

19日、県議会では臨時会が開かれ相次ぐアメリカ軍機の事故について抗議決議が全会一致で可決されました。

米軍基地関係特別委員会仲宗根悟委員長「これ以上県民を基地あるがゆえの恐怖にさらすことがあってはならず米軍及び日米両政府においては事態が一向に改善されない現状を危機感を持って受け止め県民の懸念の払拭に向け速やかに全力を挙げて取り組むべきである」

抗議決議と意見書では、アメリカ軍機の総点検学校や住宅地上空での米軍機の飛行訓練の中止などを求めました。また、今回「普天間基地を、2019年2月末日までに運用停止すること」とする期限も明記され、いずれも全会一致で可決されました。