2015年4月28日

戦後70年遠ざかる記憶 近づく足音 歌手古謝美佐子 平和への思い

初代ネーネーズで活躍し、ソロ活動でも「童神」のヒットなどで知られる古謝美佐子さん。ステージで平和や基地の問題についても発信しています。そして62年前のきょう沖縄が迎えた「屈辱の日」についても語りました。 古謝美佐子さん「簡単な詩なんだけど、心が痛いう...続きを見る

4.28屈辱の日 辺野古で基地建設反対 県民集会

きょう4月28日は、サンフランシスコ講和条約によって日本が独立し、沖縄がその後27年間に及ぶアメリカの占領下に置かれることになった「屈辱の日」として知られています。 辺野古ではきょう、新基地建設反対の抗議行動が行われました。 集会で稲嶺名護市長...続きを見る

「辺野古唯一の解決策」2プラス2

屈辱の日と同じ4月28日にアメリカでは、日米両政府の外務・防衛担当閣僚による安全保障会議「2プラス2」が開かれました。県民の反対の声をよそに辺野古の新基地建設が「唯一の解決策」だと繰り返しました。 日本時間の27日夜、開かれた「2プラス2」の共同文書...続きを見る

ブルービーチで自衛隊が水陸両用研修

日本時間で27日夜に行われたガイドラインの改定によって、日米の軍事協力がより強固になる中28日午前、金武町のブルービーチ訓練場で、自衛隊員による、訓練が確認されました。 映像は、28日午前9時前近くを通りかかった視聴者が撮影したものです。海兵隊員...続きを見る

龍柱問題で那覇市臨時議会

那覇市若狭に建設が進められてきた龍の柱・龍柱の工事がストップしている問題で、那覇市の臨時議会が開かれ、4月28日、請負業者が参考人として呼ばれました。業者は、法廷闘争も辞さない構えを見せました。 那覇市は、中国・福州市との友好都市締結30周年を記念し...続きを見る

辺野古基金への寄付1億円突破

名護市辺野古の新基地建設に反対する議員や企業などで設立した「辺野古基金」への寄付金が、4月9日の設立からわずか20日間で1億円を超えました。 4月28日、寄付金を贈呈したのは、金秀グループで、「企業として反対に賛同したい」と辺野古基金事務局に...続きを見る

「性犯罪被害者をゼロに」フィッシャーさん自伝発売

13年前、アメリカ兵から性暴力を受けたオーストラリア人女性の体験談が出版されることになり、4月27日県庁で記者会見が開かれました。今回、出版されるのは、「ジェーンさん」の名前で知られる、キャサリン・フィッシャーさんの自伝です。 本には13年前、神奈川...続きを見る

4.28屈辱の日 辺野古で基地建設反対 県民集会

4月28日はサンフランシスコ講和条約の発効から63年、沖縄では本土から切り離された屈辱の日です。辺野古では、大規模な抗議集会が行われました。 稲嶺名護市長は「きょうは4月28日。沖縄県民にとっては屈辱の日」「辺野古はダメだ。県内移設は絶対許さない...続きを見る

「辺野古唯一の解決策」2プラス2

日本時間の27日夜に開かれた日米両政府の外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会「2プラス2」では辺野古が「唯一の解決策」だと改めて確認されました。 これは、日米両政府が発表した共同文書によるもので、「辺野古への移設が、普天間基地の継続的な...続きを見る

うちくい〜沖縄のふろしき展始まる

沖縄のふろしき「うちくい」の魅力や歴史を探る展示会が県立博物館・美術館で始まりました。 うちくいは、琉球王国時代から利用が盛んになり運ぶ道具としてだけでなく、掛ける、被る、包むなど様々な使い方が生まれました。 会場には、紅型のうちくいの制作...続きを見る


qablog-mono.pngCopyright © QAB. Ryukyu Asahi Broadcasting Corporation. All rights reserved.
  No reproduction or republication without written permission.