15-04-28-03

沖縄のふろしき「うちくい」の魅力や歴史を探る展示会が県立博物館・美術館で始まりました。

うちくいは、琉球王国時代から利用が盛んになり運ぶ道具としてだけでなく、掛ける、被る、包むなど様々な使い方が生まれました。

会場には、紅型のうちくいの制作工程や、冊封史が琉球国王に刻印を運ぶ時などうちくいが使用されていた様子などが紹介されています。

展示会は、6月21日までです。