サッカーJ2・FC琉球は、解任した前監督の後任にスペインのクラブチームでヘッドコーチを務めていたナチョ・フェルナンデスさんを新監督に招きました。

FC琉球は、J2で4年目を迎えた今シーズン、これまで3勝6分け13敗とリーグ最下位に沈んでいて、2021年から指揮を執っていた喜名哲裕監督を解任しました。

6月22日会見を開き、5月までスペインのクラブチームバレンシアCFでヘッドコーチを務めていたナチョ・フェルナンデスさん(49)が監督に就任しました。

ナチョ監督は、守備を改善して失点を減らし攻守ともにバランスが取れたサッカーを目指しとして、チームのJ2残留に向け立て直しを図ります。

ナチョ監督の初陣は6月26日のホーム町田戦になる予定です。