県内の飲料メーカーが、やんばるに生息するあの生き物の名前のついた懐かしのアイスを復刻販売しました。

復刻販売されるのは、沖縄明治乳業が1980年代後半に発売していた「ヤンバルクイナ」アイスです。

この商品は1981年にヤンバルクイナが発見されたことにあやかって、その名が付けられたもので、県民に広く親しまれてきました。沖縄明治乳業の関係者が村を訪ね、「世界自然遺産に登録されたやんばるの環境保全活動を支援していきたい」と伝え、国頭村の知花靖村長は、「これを機会に保護活動の啓発につながれば」と話しました。

売り上げの一部はやんばるの環境保全活動やヤンバルクイナの保護活動に役立てられます。