県内では5月26日新たに1603人が新型コロナに感染したことがわかり6日連続で前の週の同じ曜日を下回りました。県によりますと5月26日新たに1603人の感染がわかり1週間前と比べて704人少なくなりました。

直近1週間あたりの新規感染者数は1万2484人で人口10万人あたりだと840・61人となりました。6日連続で前の週の同じ曜日を下回っていて直近1週間の新規陽性者数も先週と比べて減少傾向にありますが宮古圏域などで人口10万人あたりの感染者数が高い水準で推移していることから「まだピークアウトには達していない」とみられています。

ひっ迫が続く医療の現場を守っていくために不要不急の救急受診を控えることや高齢者や妊婦、基礎疾患がある人などに感染を広げないためにも県が感染対策の徹底などを呼びかけています。