沖縄戦の激戦地だった本島南部から辺野古新基地の埋め立てに使う土砂を採取する国の計画について、遺骨収集ボランティアの具志堅隆松さんが全国で関心を高め、断念を求める声を大きくしていく必要があると訴えました。

沖縄戦遺骨収集ボランティア・ガマフヤー具志堅隆松さん「(沖縄戦の犠牲者は)ウチナーンチュだけではないです。日本兵は日本本土、全国の都道府県から来ています。その方たちの縁者、遺族を含めた全国民にこのことを知らせたいんです」

遺骨収集ボランティア・ガマフヤーの具志堅隆松代表は、沖縄戦で県外出身が7万人以上も犠牲になっていることから、辺野古の埋め立て土砂を南部から調達しようと検討を進めている国の計画は、沖縄だけではなく全国の問題だとして、計画の断念を国に求めていく必要があると訴えています。

そのため、具志堅さんは全国の都道府県や市町村の議会1743カ所に計画の断念を国に求める要請文を送るということです。

この問題の重要性を訴えるため、具志堅さんは8月15日に東京で開催される全国戦没者追悼式にあわせ、会場近くで3度目となるハンガーストライキを実施する予定です。

辺野古埋め立て南部土砂問題 3度目ハンストへ 具志堅さん「全国で関心高める必要ある」