6月の慰霊の日を前に、5月24日首里高校の新1年生らが養秀同窓会館で平和学習を行いました。

養秀同窓会館には、首里高校の前身、県立第一中学校に在学中沖縄戦に鉄血勤皇隊員として動員され亡くなった学徒の遺書など、およそ200点が、展示、保管されています。生徒らは、亡くなった学徒の名前が刻まれた一中健児之塔前で、黙とうを行った後、沖縄戦当時の映像や残された遺書を通して、戦争の悲惨について学びました。

生徒たちは同じ年頃だった先輩たちの遺品や遺書から平和の尊さについて考えているようでした。

  首里高生が平和学習