緊急事態宣言の対象地域の追加から一夜明けた週明けの24日はいつもと大きく変わらない通勤の様子が見られました。

23日から県内全域が緊急事態宣言の対象地域となり、不要不急の外出や移動の自粛などが要請されています。24日午前9時前、那覇市の通学や通勤時の様子はいつもと同じような印象で、バスやモノレールなどを利用する県民からは、対象地域に指定される前と比べ、大きな変化は感じないという声も聞かれました。

モノレールを利用した男性は「いつもだったらパンパンなんですけど、モノレールは、若干少ない気がしないでもない」と話しバス利用した女性は「バスは普通に(人が)いました普通に席は埋まっている感じでした」と話していました。

緊急事態宣言の期間は、6月20までとなっています。

緊急事態宣言出て初の週明け 街の様子