県は、ゴールデンウィークによる新型コロナの感染拡大の影響について5月11日と12日の感染者数で判断するとしていますが、火曜日の数では過去最多です。県内では5月11日新たに132人が新型コロナに感染したことが分かりました。

県によりますと5月11日新たに新型コロナに感染が確認されたのは10歳未満から90代の男女あわせて132人で、累計の感染者数は1万3263人となりました。感染者数132人は2021年5月最も多い数で130人を超えたのは4月15日以来となり、火曜日としては過去最多となりました。

新規感染者人のうち22人が感染者と接触があり残り9割となる110人の感染経路は不明です。居住地別では、那覇市が58人と最も多く5月12日から、まん延防止措置の対象地域となる石垣市で8人が確認されてます。

中部保健所管内の高齢者施設では入所者33人と職員2人あわせて35人の感染が確認され163例目のクラスターと認定されました。また5月10日、那覇市内の宿泊療養施設で発症日の入力ミスにより本来の退院日より6日早く退院させたことがわかり謝罪しました。

新型コロナ 新規感染者132人 今月最多の人数