県内でも感染の広がりを見せる新型コロナ、県が11日まで5つの市に要請していた時短営業について2021年1月8日、対策本部会議を開き、新たに宮古島市、石垣市を加えた7つの市に対して2021年1月末まで時短営業の要請を決めました。

玉城知事は会見で「県内外の感染拡大の状況を踏まえ、県としましては本日1月8日から2月7日までを実施期間とする感染拡大を食い止めるための緊急特別対策について、先ほど県の新型コロナ対策本部会議を開催して決定致しました」と述べました。

県は2020年12月28日から那覇市や名護市など5つの市の飲食店などへ2021年1月11日まで営業時間を午後10時までと要請していました。

2021年1月8日の新型コロナ対策本部会議でこれまでの5つの市に対し1月31日まで時短営業の要請延長を決めたほか、1月12日からは宮古島市と石垣市を新たに加え同様の要請をすることを決めました。

時短営業を今月末まで延期