南風原町は17、日町内の認可保育施設への入所申し込み受付業務をAIで自動化すると発表しました。

今回導入されたのは手書きの書類をスキャンしデータ化できるAIのソフトウェアとデータ化された情報を自動で入力できるソフトウェアを使ったシステムでOTNetが開発しました。

南風原町ではこのシステムを使い町内の認可保育所がコロナの影響により休園した分の保育料を返金する業務を実験的に2か月間行い、職員の作業時間が66%削減されたということです。

南風原町の赤嶺正之町長は「窓口における相談業務などでこれまで以上に直接的な住民サービスの向上につながるものと考えている」と話しました。

南風原町ではこのシステムを使い2021年度の認可保育施設への入所申し込み受付を始めるということです。

南風原町が保育所業務をAIで自動化