宮古・八重山圏域が抱える課題解決にむけて当該市町村で構成するグループの代表らが県を訪ね、要請を行いました。

中山義隆石垣市長は「宮古・八重山圏域の経済振興に向け、休業や自粛を余儀なくされた事業者の事業継続や持続可能で安定的な農林水産物輸送体制の確保など、観光産業・農林水産への支援を強化していただくようお願いします」と話しました。

要請したのは宮古・八重山圏域の市町村会でつくる美ぎ島美しゃ市町村会のメンバーです。

要請では新型コロナでの影響を受けている経済への支援や医療体制の拡充、船舶事業者の船内での感染対策の整備など、あわせて25件を県へ要請しました。

富川副知事は「安心安全な島というのは非常に重要で、要請は各部局で真摯に対応し検討していきたい」と述べました。

宮古・石垣圏域の市町村会が県へ要請