超・貴重になるかも。2020年4月、県のチョウに決まった「オオゴマダラ」のオリジナルフレーム切手が販売されることになり、20日に玉城知事に贈られました。

県“チョウ”を訪れたのは日本郵便の比嘉明男沖縄支社長や琉球大学博物館の佐々木健志助教ら5人です。

比嘉支社長は「オオゴマダラを積極的に発信し、沖縄の自然環境を守り育てる意識の向上を図ってほしい」と玉城知事にオリジナルフレーム切手を手渡しました。

63円切手、84円切手、ポストカードなどが付いたオリジナルフレーム切手は1セット700円で、20日から県内の郵便局で販売されています。

県内企業 除菌ロボットでギフトショーグランプリ