珍しい植物の話題です。うるま市で、数十年に一度しか開花しないと言われる「リュウゼツラン」が黄色い花を咲かせました。

メキシコ原産の植物である「リュウゼツラン」。うるま市の山城さんの庭では20年前から育て始め、長らく成長しなかったそうですが、2020年8月から太い茎がぐんぐん成長。現在は4メートル近い高さになっていて、念願の黄色い花を咲かせました。

山城訓之さんは「(20年間)一度も咲いていないです。気づいたら1メートルくらいになっていて、そこから調子よくて早かったです」と話しました。

花がとても貴重なことから「世紀の植物」とも言われているリュウゼツランですが、一度開花すると枯れてしまうので、山城さんは「多くの人に見てほしい」と話していました。

数十年に一度 リュウゼツラン開花