地域で犯罪や事故などをなくし、安全に暮らせる社会をつくろうと2020年10月11日日から全国地域安全運動が始まりました。

全国地域安全運動は事件・事故がない安全安心して暮らせる地域社会の実現を目指すものです。運動開始に合わせて県警本部では看板の掲示が行われました。

沖縄県警・仲本貴管理官は「犯罪を少しでも減らせるように、県民一丸となって、また警察一丸となって頑張っていければいいのかなと思いますので、県民の皆さんもご協力のほどよろしくお願いいたします」と話しました。

県警では子どもや女性の犯罪被害防止を掲げていくほか、酒絡みの事件や事故が多く発生していることから県民に適正飲酒の推進を重点的に呼びかけていくとしています。

全国地域安全運動がきょうから始まる