楽園の海、案内は水中カメラマンの長田勇さんです。今回のテーマは『残波岬周辺で潜る!』です。

長田「今回は、残波岬の灯台の周辺、西側と東側でダイビングして来ました!」

楽しみです。早速見て行きましょう!

長田「前兼久漁港から菊丸IIIに乗船します。残波岬の灯台までは、およそ20分。まずは灯台の東側へ。探検したくなるような場所ですよね!水中の色はそんなにゴツゴツしていないんですよ。透明度はまずまずです。表層でキビナゴが群れていましたが、ちょっと数は少なめ。」

もっとたくさんいたんですか?

長田「はい。春先の方がたくさんいましたが、徐々に減って来ているようです。水深5mの所には、真っ赤なイソバナ」

赤と白が鮮やかで綺麗ですね~!

楽園の海 残波岬周辺で潜る!

長田「ポリプが開いている状態なので、雪が積もったように見えて綺麗なんです。周りに小魚がいっぱいいたので、イソバナの前に集めようとしたんですが、右往左往させてしまっただけで、留まってはくれませんでした」

長田さんが必死ですね!笑

長田「私が右往左往してしちゃってますよね。結局、レンズ前には1匹のみ。でも、その1匹が一番可愛らしい子、アマミスズメダイの幼魚だったので、良しとしましょう」

気の利いた子がいてくれて良かったですね!

楽園の海 残波岬周辺で潜る!

長田「お次はこちら、ここのポイントは水深15m付近にアーチや洞窟がたくさんあります」

なんだかさくさんお魚が見えますね!

長田「暗い所定番のアカマツカサ。単独で泳いでいるのは、アカククリ。サンゴは少なめでしたが、地形派ダイバーにとっては、探検気分で充分楽しめるポイントです」

長田「さて、コレなんだと思いますか?」

何ですかね?巻きついていますけど、海ヘビ?

楽園の海 残波岬周辺で潜る!

長田「正解は、セスジスミゾメミノウミウシの卵なんです。ここにウミウシもいるんですがわかりますか?」

え!

長田「答えはこちら、真ん中に3匹ほどいます。アップで見てみると、触覚がここ。なかなかのカモフラージュですよね」

上手です。

長田「今度は、灯台の西側に回り込んできました。水中を覗いてみましょう」

サンゴがたくさんですね!

長田「東側より、サンゴが多く感じます。小さなテーブルサンゴもたくさんあったので、5年後くらいが楽しみな場所です」

楽園の海 残波岬周辺で潜る!

長田「ヒレの先端に猛毒を持つハナミノカサゴ。英名はライオンフィッシュ。どうです?ライオンっぽく見えますか?」

どちらかと言うと、リオのカーニバルに見えます。

楽園の海 残波岬周辺で潜る!

長田「ウミウチワやヤギ類も多く生息しているポイントですが、奥に見えて来たこのヤギには、人気者が住みついてます。この中に1匹映ってますがわかりますか?カムフラージュの名人ですから、難しいですよ~」

え…全然わからないです。

長田「ではアップで見てみましょう。タツノオトシゴの仲間、ピグミーシーホース。体長は1.5cmとかなり小さめ。まだ和名はついてません」

ここまでアップで見て分かりました!

長田「かなりレベルの高いカムフラージュですよね」

長田さんよくわかりましたね!

長田「これ見つけるの大変なんです。5分ほど撮影してて、一度もこっちを見てくれませんでした」

シャイなんですね!笑。次は顔を見たいですね。

長田「可愛らしい顔をしているので、是非リベンジしたいと思います」

今回も貴重な映像ありがとうございました。以上、楽園の海でした。