山城:楽園の海。案内は水中カメラマンの長田勇さんです。よろしくお願いします。今回のテーマは「この魚の〇〇に注目!!」です。すごい謎に満ちたテーマですね。

長田:そうなんです。今回は海の中の生き物たちの、「ある一部分」に注目していきたいと思います。

山城:なるほど、そういうことだったんですね!

長田:今日の咲貴さんをみると、このあと映像に入っているお魚が2匹隠れていますよ。

山城:えっ!!なんだろう!!皆さんも探しながら見てみましょう!!

長田:まず初めは私の大好きな魚、中央に群れでいるアカネハナゴイです。

山城:すごい数ですね~。

長田:はい。この群れを撮影したのは、西表島のポイントなんですが、沖縄で1番アカネハナゴイが多いんじゃないか?って思うくらい、たくさんいます。この魚の注目してもらいたい所は「背ビレ」です。真っ赤で立派なモヒカンに見えませんか?

楽園の海 この魚の〇〇に注目!!

山城:ほんとにモヒカンに見えて、綺麗な形をしていますね~。

長田:これ実はオスの証なんです。動きの速い1匹。こちらは、メスを求めて婚姻色を出しているオス。これを見るとメスに対するアピールのためにこのモヒカンを利用してるのかもしれませんね。

長田:続いて見えてきたのは、サンゴ礁で餌を食べているタイマイ。でも注目して欲しいのは、おこぼれをもらいにきているモンガラカワハギ。この魚の「模様」に注目して下さい。

山城:水玉ですか!?これ私が今日着ているスカートと同じ柄ですね!!

長田:はい。咲貴さんに隠れているお魚、ひとつ発見しましたね!!模様が派手な割に、目はどこにあるのかわかりづらい。

山城:たしかに目が見えない。

長田:おそらく敵から目を攻撃されないようにしているのかもしれませんね。それにしても、海の中でなぜ、この模様が必要となるのか?直接聞いてみたいですね。

山城:その時は、ぜひ私が今日の衣装を着てインタビューします。

長田:仲良くなれそうですね。

長田:こちらアカメハゼ。注目して欲しいのは、「目」。名前の通り、目が赤いと思いきや、目は黒、目の周りがとっても綺麗な赤になっています。

山城:ちょっと充血しているみたいですね。寝不足の時わたしもこんな感じです(笑)。

長田:ちゃんと寝てくださいね。

長田:続いてこちらは、よく見かける魚、ハタタテハゼ。

山城:ヒレがとても特徴的ですね。

長田:たしかにそうですよね。そこに目がいってしまいますが、この魚の注目してほしいところは、またしても「目」なんです。

楽園の海 この魚の〇〇に注目!!

長田:なんと!紫色のアイシャドウ入れてます!なかなかお洒落な魚ですよね。

山城:ほんとだ!!オシャレ♪

長田:このアイシャドウのおかげで、若干色気もあるんじゃないですか?

山城:長田さん色気感じたんですか?

長田:いや~そんなに感じてないです(笑)。そしてこのアイシャドウが咲貴さんに隠れているもうひとつのお魚だったんです。

山城:さすが長田さん!たしかに今日めずらしく紫のアイシャドウしたんですよ。よく気が付きましたね!

長田:収録前に頑張って探していました(笑)。

長田:最後は、アケボノハゼ。背びれや尻びれも真っ赤で。かなりお洒落な魚ですが、注目して欲しいのは「顔」。ハタハテハゼと同じく、紫色のアイシャドウが入っているのわかりますか?

楽園の海 この魚の〇〇に注目!!

山城:薄ーくあるのわかります。

長田:でも、これだけではありません。正面から見ると、なんと!唇も紫色。

山城:なかなか攻めてますね(笑)。

長田:さらに腹びれの先が赤いので、真っ赤なマニキュアを塗った感じにも見えます。昔よく見かけた、ちょっと派手な飲み屋のお姉さん!って感じですかね。

山城:(笑)直接はわからないですが、なんとなくイメージできます。

山城:今回登場したお魚は、なぜこのような格好になっているのか不思議がいっぱいで面白かったですね。

長田:そうですよね。ちょっと視点を変えてみると、ふだん見ているお魚もいろんな面白いところがみえてきますよね。

山城:こんど私も水族館行ったときに、よーく観察してみようと思います。皆さんも私の衣装わかったでしょうか?今回も貴重な映像ありがとうございました。以上、楽園の海でした。