うるま市にある社会福祉施設で利用者ら7人が新型コロナに感染していたことがわかりました。

うるま市によりますと市内にある社会福祉施設で12日までに利用者5人と職員2人のあわせて7人が新型コロナウイルスに感染していたことがわかりました。集団感染・クラスターが起きた可能性があります。

利用者の1人が体調不良を訴えたため、検査をしたところ10日に陽性が判明。これを受け、他の利用者や職員にも検査を実施した結果、12日までに新たに6人の感染がわかったということです。

この施設はすでに営業を停止していて、施設内の消毒や濃厚接触者の調査が進められています。

うるま市内の社会福祉施設 7人感染