台風4号は石垣島から遠ざかっていますが、大雨による土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水など厳重な警戒が必要です。

沖縄気象台によりますと台風4号は、8月3日午前11時に与那国島の北北東およそ80kmの海上にあって1時間におよそ15キロの速さで北北西に進んでいます。中心の気圧は985ヘクトパスカル最大風速は30メートル、最大瞬間風速は45メートルとなっています。

沖縄電力によりますと8月3日午前11時現在、石垣市と竹富町など480世帯で停電が続いていて3日の夜ごろにほとんどの場所で復旧する見込みです。

空の便ではJTAと琉球エアーコミューターの石垣を発着する9便が欠航、そのほかの便も大幅な遅延が見込まれています。ANAも石垣を発着する13便の欠航を決めています。

先島諸島では、8月4日にかけて落雷や竜巻などの激しい突風、急な強い雨が降る見込みで八重山地方では4日の朝までに降る24時間の雨の量は200ミリと予想されています。

台風4号 遠ざかるも警戒を