一方、新型コロナの影響で中止となった県中学校総合体育大会の代わりに行われる独自の地区大会が23日、宮古島市で開幕しました。

大会初日となった23日、サッカーや、テニス、卓球の3競技がスタートした宮古地区の大会では新型コロナの感染リスクが高いと判断され、中止となった水泳や、陸上競技を除く、12競技が実施されます。

無観客試合となった大会でしたが、試合を観ようと、会場周辺に車を横づけする人もいて中体連の役員らが、感染防止に協力するようお願いする場面もありました。

独自大会は県内6地区で開かれ、中学3年生にとっての最後の大会が始まります。

宮古地区で中学校総体独自大会開幕