5月29日、玉城知事は新型コロナの影響を受ける県経済の回復を図るため、経済活動再開への基本方針を発表しました。

発表された基本方針の中では県民を対象にした県内旅行の需要喚起を目的に、宿泊費の一部を県が助成します。

また、県内外への渡航自粛については6月1日に解除されますが北海道や、東京、神奈川などに加え、第2波が懸念されている福岡をいれた6つの地域への自粛は6月18日まで継続され、6月19日以降に全面解除する方針です。

県では、新型コロナ流行の県内での第2波、第3波への感染予防対策をとりつつ今後、経済、社会活動を段階的に回復させていく方針です。

県民対象の県内旅行に県が助成金