石垣市は、新型コロナに伴う市独自の緊急事態宣言を今月末で解除し、6月から観光客の受け入れを再開します。

これに先立ち、5月26日、市は、観光関連事業者との合同会議を開きました。会議では、観光客の受け入れに際して今後、市と宿泊事業者が感染防止対策を盛り込んだ協力協定書を結び、観光客がチェックアウトして3日目に、電話やメールで、発熱していないか宿泊施設の側が確認するとしています。

一方で、6月以降も航空路線の減便は続くとみられます。