25日、玉城知事は、新型コロナウイルス感染症の対応に当たっている医療機関などを初めて視察しました。

25日、玉城知事は、新型コロナ患者の受け入れを行っているうるま市の県立中部病院やPCR検査を実施している県衛生環境研究所など3か所を初めて視察し、担当者から現場の現状や課題などの説明を受けました。

玉城知事「県民の皆さんの命と健康を支えていくために、現場の皆さんの声をしっかり行政の取り組みに、予算も含めてしっかり反映させその態勢をつくることだと思いました」

また玉城知事は、25日に全国で緊急事態宣言が解除されたことを受け、全国ではまだ一定数の新規感染者がいることから、渡航は5月末まで自粛するよう呼びかけました。

玉城知事 新型コロナ対応の医療機関など視察