世界遺産の今帰仁城跡では、春の訪れを告げる桜が鮮やかに咲き誇り、訪れた人を楽しませています。

色鮮やかなピンクがひと際目を引くカンヒザクラが今帰仁城跡でも見ごろを迎え、訪れた多くの人を魅了しています。

2月1日から始まった今帰仁グスク桜まつり。八重岳や名護城とともに日本一の早咲きを誇る今帰仁城跡のカンヒザクラは今、8分咲きということで今週末や来週は満開の見ごろを迎えそうだということです。

イベント期間中、午後6時からはライトアップもあり、暗闇に浮かび上がる世界遺産をバックに幻想的な夜桜を楽しむこともできます。今帰仁城跡の桜まつりは9日までです。