「110番の日」の1月10日、警察活動を県民にアピールしようと北谷町で県警の年頭視閲式が行われました。

各警察署からおよそ480人が参加した年頭視閲式では、県警の宮沢忠孝本部長が「積極果敢にあらゆる警察事象への的確な対処に尽力し県民の安全と安心の確保に努めたい」とあいさつしました。

このあと、警察犬の訓練や白バイ隊のドリル走行が披露されたほか、来場者を対象にした記念撮影も行われ、子どもたちは憧れの白バイを前に目を輝かせていました。

また、警察庁は10日に2019年の110番通報の受理件数を発表しました。それによりますと、2019年1月から11月までの全国での110番受理件数は829万9775件でしたが「家の中にゴキブリがいる」などといった、警察の対応を要さない通報は全体の18.4パーセントを占めていたということです。

110番の日 北谷町で県警年頭視閲式