玉城知事は26日、焼失した首里城の再建に向けた基本的な考え方を発表し復興への意欲を改めて示しました。

26日に会見を開いた玉城知事は10月の火災で焼失した首里城の再建に向けた県の基本的な考え方を発表しました。

この中では首里城の復元の過程を段階的に公開することや火災の原因究明や防火体制の検証に基づく防火設備の強化、安全性の高い施設管理の確立など7つの項目を設けています。

玉城知事は「今後は有識者による議論や県民の声を踏まえて首里城の復興に向けて積極的な取り組みを進めて参ります。引き続きご理解、ご協力をよろしくお願い致します」と述べました。

県は今後、国が策定した復元への基本方針との整合性を取りながら、那覇市とも連携し、取り組みを進める考えです。

知事、首里城再建に向け県の考え方を発表