万国津梁会議の契約をめぐり、委託した法人と知事が契約前に会食していたことが問題になっています。自民党県連は7日、同席していた職員に倫理規定違反がなかったかどうか、調査するよう県に要請しました。

この問題は、県議会の一般質問で自民党が、万国津梁会議の運営を担う法人と玉城知事、そして県職員が契約前に会食していたことを指摘したものです。

自民党県連は7日午前、議員総会を開き、同席していた県職員に対して、職員倫理に関するヒアリング調査を求めることを決めました。

島袋大県議は「職員倫理が管轄する総務部がヒアリングを行っていないこと自体が、大きな問題でありますので、これきょう早急に自民党として申し入れをしてですね」と話しました。

自民党県連は、議員総会の後、総務部に要求書を提出しました。これを受けて、金城弘昌総務部長は「状況をきちんと見て、倫理規定に沿った対処がされているかどうか、確認したい」と述べました。