玉城知事 トークキャラバンの意義強調

辺野古新基地建設問題や沖縄の基地問題の現状を訴えるトークキャラバンについて、玉城知事は広く情報発信ができているとの認識を示しました。

玉城知事は「現地のテレビや新聞などのメディアから多数取材を受け、やはりメディアが取り上げようとする機会を作ることも、トークキャラバンの重要なポイントの一つであるという風に認識しております」と述べました。

これは27日の県議会の代表質問の中で、会派おきなわの平良昭一議員の質問に、玉城知事が答えたものです。そのなかで知事は、キャラバンを開催した地元のメディアの取材などにより、日米地位協定や辺野古新基地建設問題について、広く発信できたと意義を強調しました。

玉城知事は、これまでの実施状況を踏まえながら、札幌市や福岡市、仙台市でのキャラバンを行いたいとしています。