地域のおまわりさんがジョギングをしながら子どもたちの安全を見守ります!

Tシャツや短パン姿で集まったのは、宮古島署の警察官たち!子どもたちの登下校時の見守りにつなげようと、2019年6月から始まったのが「ジョギングパトロール」です。

2019年9月12日の出発式で、上運天幸徳署長は「ジョギングしながら登下校時の子どもたちの安全を確保しよう」と呼びかけました。

署員の代表は「決意表明!日常生活を通じて、防犯の視点をもって見守りを行う、ながら見守りを推進し、登下校の安心安全のためにパトロールジョギングを実施します」と話しました。

署員らは早速、ジョギングをしながら登校する子どもたちを見守っていました。