高校生が西日本豪雨で募金活動 7月の西日本豪雨で被災した地域の復興を支援したいと県内の高校生たちが募金活動を始めました。 西日本豪雨の被災地の復興を願い、6日から始まった『10円募金』。那覇国際高校の生徒などが中心となりSNSで参加を呼びかけると、他の高校の生徒も参加し活動が広がっています。 那覇国際高校3年肥後明花さん「クーラーを効かせて快適に過ごせるとかそういうことに感謝しながら、でもそれが被災地の方には当たり前じゃないことを胸に10円募金に参加して頂けるとうれしいです」 募金活動は12日(日)まで県内各地で行われ、集まった募金は日本赤十字社を通して被災地へ届けられるということです。