「子どもたちを守りたい」シンポ開催へ

「どうやって子どもたちを守るのか」2017年12月、宜野湾市の保育園や小学校に相次いでアメリカ軍ヘリの部品が落下した事故を受け、シンポジウムが開催されます。

保護者の女性は「なんら変わらない現状、現実に、もうそろそろ宜野湾市民の人も、もっとしっかり現実を見て、何かしら行動を起こさないと」と話しました。

シンポジウムは2017年12月、普天間基地に近い緑ヶ丘保育園と普天間第二小学校に相次いでアメリカ軍ヘリの部品や窓が落下した事故を受けて開催されるものです。

シンポジウムは4月29日に沖縄国際大学で開かれ、第一部では緑ヶ丘保育園の神谷園長が報告を行い、第二部では会場を交えたパネルディスカッションが展開されます。