BPOが東京の基地問題放送に「倫理違反」

東京のテレビ局が辺野古新基地建設の反対運動などを扱った番組について放送倫理番組向上機構は「重大な放送倫理違反」があったと公表しました。

12月14日、BPO=放送倫理・番組向上機構は、東京のMXテレビが2017年1月情報バラエティ番組「ニュース女子」で県内のアメリカ軍基地反対運動を扱った放送について、重大な放送倫理違反とする意見を公表しました。

BPOは、この番組に「複数の放送倫理上の問題」が含まれているとした上で、外部の会社が制作した番組をMXテレビが適正なチェックをしないで放送したと指摘しました。

番組では、十分な裏付けなしに、「基地反対派は日当をもらっている」などと伝えていました。