今年度上半期の県内の観光客数が、504万人と過去最高を記録しました。

県によりますと今年度上半期の観光客数は504万6100人と、昨年度に比べて9.3%増加し、過去最高を更新しました。今年度の県の目標である950万人を達成するのはほぼ確実と見られています。

国内の観光客は354万8300人で昨年度に比べておよそ5%増加。一方、外国人観光客は149万7800人で、昨年度に比べて21%の増加と大幅な伸びとなりました。

台風の影響が少なかったことや、航空路線が拡充されたことなどが要因とみられ、県では下半期も引き続き、好調に推移していくと予想しています。